2007年10月27日 (土)

ザ・クロマニヨンズ。

酔い痴れた。

音が、声が、リズムが。

全部私の中に入ってくる。

天才、かっこいい、いや、こんな言葉では片付けられない。

ぴったりな言葉が見つからない。

何度あなたに救われたことか。ありがとう。

ライブ後、毎度お馴染み、

耳が圧迫感で襲われたまま駅までの夜の街を歩く。

足は棒のようだ。

酔いが醒めないうちにぐっすり眠ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月23日 (土)

そう 行かなくちゃ。

「JUBILEE」

最高傑作だなんて

わざわざ自らハードル上げることないのに。

なぁんて思いながら聴く聴く聴く。

繰り返し聴く聴く聴く。

聴けば聴くほどに痛い。

なんなんだ、この切ないメロディは歌詞は。

音楽で泣くなんてあるの?

自分に酔ってるだけやん。

と思っていた私が初めて

音楽で泣きそうになったのも、くるりだった。

泣くというより、胸が痛くなる。

アルバムも期待してるぜ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月 2日 (土)

BGM。

部屋中に溢れる音楽。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 3日 (土)

さすらい。

アルバム買った。

民夫さんとウルフルズ。

名曲揃いだな、こりゃ。

どれをとっても良い。

選べない。

今は「さすらい」を

ヘビーローテーションで

聴いております。

しかし何度聴いても前奏が終わると

「THANK YOU MY GIRL」を歌ってしまう私。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月29日 (水)

タワレコ。

ワクワク指数を急上昇させてくれる場所。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月22日 (水)

魔女旅に出る。

ふわふわ。しながら、

自転車を漕いでいる時に

流れる曲。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 1日 (水)

ギルド。

バンプの

「ギルド」。

初めて聴いた時は

学生だった為

社会の教科書で出てきたなぁ、

労働組合やったかなぁ、

くらいの印象だったが

聴けば聴くほど

共感共感共感。

特に社会人になってから

聴きなおすと

さらにどんぴしゃ。

「人間」という仕事。

仕事。

「人間」として生きていることが

・・・仕事。

この考え方は悲しいようで

とても正しい。

非常に正しい。

これも仕事やからしゃあない。

そう解釈すれば

多少楽になる。

歌詞の隅々まで

私が日々悩みもがき苦しんでいる

事柄が表現されていた。

弱いな。

うん、やっぱり弱い。

ぼーっとしているように見えて

実はすぐ傷付くから。

聞こえてないふりして

聞こえてるから。

見えてないような顔して

見なくていいものまで

見えてるから。

可愛い言い方すると

ガラスのハートやから。

すぐにヒビが入ってしまう。

il||li(つд-。)il||li

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月13日 (金)

僕らは静かに消えていく。

ここ数年、

気づけば、

ことあるたびに聴いていた。

性格上、

落ち込んでいる時に

前向きな曲で

立ち直れるなんて出来ない。

だからこの曲がいいのかな。

嫌な事ばかりで

パニック状態に陥ってる

ぐっちゃぐちゃな気持ちを

落ち着かせてくれる。

おかげさまで

今日もこうして

なんとか生きてる。

音楽は偉大なチカラを持ってる。

ありがとう。

君を忘れてく。

君が消えていく。

僕らは静かに消えていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月18日 (金)

NO MUSIC  NO LIFE。

今更だが音楽は素晴らしい。

休日なんかは気付けば

日がな一日聴いている事もある。

聴きながら、ではなく聴くのみ。

昔よく聴いていた音楽については

流れた瞬間に当時の空気や匂いを感じ取り

その頃に戻れるというか。

ふわっと行ってしまう。

メッセージ性の強い曲に関しては

ホッとする事も

ちょっとだけ前向きになれる事も

泣く事も出来る。

すごい力。

私は基本的に邦楽しか聴かないけど

この人達と母国語同じでありがとう。

と思える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 5日 (土)

惑星タイマー。

いいね、この歌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧