2007年12月14日 (金)

陰日向に咲く。

今更ながら読んでみた。

処女作とは思えない程うまい!

劇団ひとりさんの次作が出たら必ず買う!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 9日 (日)

絵本日和。

大好きな女優さん、

ミムラの著書

「ミムラの絵本日和」を購入。

彼女の独特の価値観を彼女らしい言葉で綴られている。

落ち着いている大人の雰囲気でありながら

小学生のような目線が好きだ。

なんていうのかなぁ、

余裕があるから日常の何気ない風景や出来事、

身近な小物にまで愛情を注げるんだな、と。

絶対、いい子だってわかるもん。

憧れる。

近年稀に見る魅力的な本だ。

益々彼女を応援したくなる。

枕元に置いておきたい一冊。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月28日 (水)

容疑者χの献身。

読みながら引っ繰り返った。

今までにないアリバイ工作だな。

東野圭吾さん、やはりすごーい。頭のいい人だなぁ。

寒くなると狂った様に読書に没頭してしまう。

また本屋へ行かねば。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年11月 6日 (火)

ホームレス中学生。

笑いあり涙あり。

幾度となくこんな感想を述べてきたが。

「ホームレス中学生」はまさに

「笑いあり涙あり。」と言う感想が当てはまる。

あ、あの場所だ、と思いながら読めたから

ますます親近感が沸き感情移入してしまった。

ニタッと笑わせて数枚紙を捲るとグスンと鼻水を流させ、

なんて不思議な本だろう。

文章が変に難しい言葉を使っていなくて

子供の日記を読んでいる様。

だからこそこんなにも心を動かされたんだね。

泣いたり笑ったり驚いたり読むのに体力のいる本だ。

これからもずっと応援する!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月29日 (月)

自虐の詩日記。

映画を観る前にと。

読み終わり。

女優という職業が如何に

精神的に体力的に大変かが書かれている。

中谷美紀さんらしくおもしろおかしく。

映画が10倍も20倍も楽しめそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月14日 (木)

堀内健康白書。

いつも立ち読みで連載を読んでいてニヤニヤしてた。

近所のコンビニ、本屋では気持ち悪がられただろな。

ここまで笑えるエッセイはない。

思いがけず本になったので買った。

それから四年ほど経ったかな。

久々に読み返したらやはり

おもしろーいろーいろーい‥‥。

芸人さんは産まれもって芸人さんなのだ、

笑いの神がついているのだ、

面白いことや信じがたいことが彼の周りでは起こる。

いいないいなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月20日 (日)

クワイエットルームにようこそ。

これってさー、

映像化してくれないと物足りないと思う。

寧ろ映像化するために書いたのか?

松尾スズキさんらしいお話で

引っ掛かる言葉も節々に出てくるので

一癖も二癖もある映画になるだろうな。

キャスティングも素晴らしい事になっているみたい。

待ち遠しいなぁ。

うひゃひゃひゃひゃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月16日 (土)

ウォーリーを探せ!

小学生の頃に買ってもらった本。

ひっさしぶりに読んでみた。

ウォーリー、探してみた。

いてた。

まだいてた。

たのしい。

ウォーリーを探せ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月23日 (月)

本。

Q本が好きな理由を教えてください。

 読んでいる時だけはそっちの世界にいける。

Q記憶に残っているなかで、最も幼い頃に読んだ本は?

 「ちびくろサンボ」

Q購読している雑誌はありますか?

 QRANK 

Q最近読んだ本のタイトルを教えてください。 

 「ドミノ」

Qベストセラーは読む方ですか?

 好きなジャンルだったら読む。

Qあなたは活字中毒ですか?

 (それはどんな症状としてあらわれていますか)

 集中し過ぎると字が動き出し

 しまいには躍り出し読みにくい。

Q月に何冊くらい読みますか?

 多くて5冊、少なくて0冊。

Qあなたは本の奥付をちゃんとチェックしますか?

 するとしたら、その理由は?

 古い小説を読む時は

 出版年に自分は何をしていたか

 思い出す。意味は無い。

Q行き場に困ったとき、とりあえず書店に入ってしまう。

 そんなことはありますか?

 ありますあります。

Q馴染みの書店に一言。

 棲みつかせて。

Q本棚は整理整頓されていますか。

 転がりだしたら整列させる。

Q気に入った本は、

 自分の手元に置かないと気が済まない?

 はい。

Q本を読んでいて分からない言葉があったとき、

 意味を調べますか?

 むっずかしい本を読む時は

 辞書片手。

Q本を読む場所で、お気に入りなのは?

 ベット、電車、便器。 

Q何度も読み返してしまうような本はありますか?

 その本のタイトルは。

 「暗いところで待ち合わせ」

Qおきにいりの作家ベスト3をお願いします。

 1位乙一

 2位野島伸司

 3位石田衣良

Q読む前と読後感が違っていた

 (食わず嫌いだった)本は?

 伊坂幸太郎作品。

Q本を持っていないと落ち着かない。

 そんな癖がありますか?

 鞄には本。

 化粧ポーチを忘れても本は入ってる。

Q世界中で、本の出版が禁止されたら、

 どうしますか?

 自分で作る。

Q本が無くても生きていけると思いますか?

 はい。

Qあなたにはどうしても読みたい本があります。

 その本は既に絶版・品切。

 さあ、どうしますか?

 古本屋巡り。

Qあなたにとって、本とおなじくらい

 蠱惑的なものは何ですか。

 映画。音楽。

Qつまるところ、あなたにとって本とは。

 お手軽現実逃避アイテム。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月20日 (金)

ばななさん。

吉本ばななさんの

「キッチン」

言わずと知れた名作。

帯に“じんわりと泣けます”

と書かれていたが

泣く所あったかなぁ。

みかげが独りぼっちになって、

そんな中で雄一と出会って

えり子さんと出会って

ひとりじゃなくなって。

りあるなようで

りあるじゃない。

どんな事があっても

生きていかなければならない。

哀しくて哀しくて

涙が出なくなるまで

泣いて何もかもいやになって

何もしたくなくても

腹は減る。に似てるなと。

相変わらず例え下手やな。

不思議なお話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)