« 2007年11月 | トップページ

2007年12月29日 (土)

ありがとう。

去年の今頃、悩み死ぬのではないか?

というくらい悩み藻掻く毎日を送っていた。

2007年は2006年よりも幸せになりますようにと。

で、実際どうだったかというと。

うん。

いい年になった。

平凡に過ごせることが難しいことだと気付けた去年。

のほほんと平和に毎日を送れたことに感謝。

劇的な出会いもあったし。

すっと肩の荷がおりたような年になった。

この調子で来年も一歩、一歩、大切に、

自分に正直に、人にはやさしく生きていこう。

恐がることは何もないのだから。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2007年12月21日 (金)

それでもボクはやってない。

ドキュメント番組をよく見る。

見ていて特に辛いのが

冤罪と、無差別殺人の被害者がテーマの時だ。

この映画は前者がテーマ。

まるで自分自身が被告の身内で

傍聴席にいるかのような緊張感が

最初から最後まで続くのだ。

私も一度だけ実際に傍聴席に座ったことがあるが

見事にそのまま裁判所での遣り取りが再現されていた。

世の中には冤罪で人生をめちゃくちゃにされ

苦しんでいる人がたくさんいる。

この映画はそのような人がいるんだって事を

たくさんの人に伝えている。

いやぁこんなにも観た後ぐったりする映画も珍しい。

今年の一番は「キサラギ」にほぼ決定だったが

今日DVDで本作を鑑賞してトップに

躍り出ました。

まだ見ていない方はぜひぜひ観てください。

というわけで今年も数々の映画に出逢えましたが、

今作で見納めです。

私が独断と偏見で選んだ2007年トップ3は

「それでもボクはやってない」

「キサラギ」

「アヒルと鴨のコインロッカー」

です。

2007年最後に観た映画が1位になるとは。

加瀬亮さんの演技力には驚かせられっぱなしです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月17日 (月)

ピース又吉さん。

どんな作家よりも又吉さんの書く文章が一番好きだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月14日 (金)

陰日向に咲く。

今更ながら読んでみた。

処女作とは思えない程うまい!

劇団ひとりさんの次作が出たら必ず買う!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月12日 (水)

マイルドにしぬ。

先日、水野美紀さん主催劇団ユニット

「プロペラ犬」旗揚げ公演。

「マイルドにしぬ」を観劇。

オムニバス、でも繋がりもあり、脚本的にもとてもおもしろーい。

河原雅彦さんとの二人芝居。

河原さん、こういう役が似合うなぁ。

そして水野さん、あ、もう、向こう側に行かれたんですね。

というのが率直な感想。

美人な人があんな事をするともうおかしくておかしくて!!

シュールでファンキーなお芝居でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 9日 (日)

絵本日和。

大好きな女優さん、

ミムラの著書

「ミムラの絵本日和」を購入。

彼女の独特の価値観を彼女らしい言葉で綴られている。

落ち着いている大人の雰囲気でありながら

小学生のような目線が好きだ。

なんていうのかなぁ、

余裕があるから日常の何気ない風景や出来事、

身近な小物にまで愛情を注げるんだな、と。

絶対、いい子だってわかるもん。

憧れる。

近年稀に見る魅力的な本だ。

益々彼女を応援したくなる。

枕元に置いておきたい一冊。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 6日 (木)

世界はときどき美しい。

「世界はときどき美しい」

「バーフライ」

「彼女の好きな孤独」

「スナフキンリバティ」

「生きるためのいくつかの理由」

ふわぁとした霞んだ柔らかい映像でゆったりと物語ははじまる。

映画館で観たかったな、と少し後悔。

ひとりひとりのナレーションがいいの。

特に第五章の市川実日子さんの

かわいらしい声で放たれる言葉は

ひと言ひと言、きゅん、とさせられる。

価値観は一人一人違うけど何かを、見たり、聞いたり、感じたり。

ときどきではあるけど美しいものに出会う。

ときどきだから美しく感じるのね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年12月 5日 (水)

パッタイ。

パッタイ。

うまくできた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 3日 (月)

ジャルってんじゃねぇよ。

ジャルジャル。

前にも彼等のことをここに書いたが

来年は今年どころではなく来る!と思うので

今年中にもう一度ジャルジャルへの

意気込み(?)を記しておきたい。

学生時代ジャルジャルに出会い衝撃を受け、

その日からジャルジャル漬けの日々に突入。

ライブへ行き、家に帰ればネットでファンサイトを駆け巡り、

授業中もうわの空。

いつの間にかネタもほぼ丸暗記している自分を

情けなくも誇りに思えた。

きっといつか誰もが彼等の内に秘めた

無限大の才能に魅了されるだろう。

彼等のシュールな笑いは必ず日本中を揺るがすだろう、

と思っていたが、いやはや、

予想を上回る速さでジャルジャルの素晴らしさは

全国に広まった!

来年の今頃はどうなっているだろうか?

本格的に東京進出、冠番組、

そんなもの飛び越えて師匠クラスになっている可能性も

なきにしもあらず。

うひゃひゃひゃ、楽しみだ。

頑張って下さい( ´Д`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 1日 (土)

公然猥褻カット。

「デトロイトメタルシティ」4巻。

1129(いい肉)の日に購入し一気読み。

本当にこの漫画に出会えて良かったよ。

卑猥なシーンにはもちろん殺られたが

プチ出家もストライク!

クラウザーさんが降らせる雨で濡れてしまった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ